極楽鳥花植物園 Strelitzia Botanical Garden

ストレリチア・レギネー種苗季節別管理 このページではストレリチア・レギネー種苗の季節別管理を取り上げています。

株の状態:緩い生育期から生育期へ。日差しが強くなり、気温も上昇してくると苗にも変化が見られる様になる。中心の葉(芽)が以前よりも速く伸びる様になる。

置き場:
ハウス内、室内。暖地では屋外の日向。様子を見て外に出す。雨に当てて良い。温暖な地域では早い時期に屋外へ出せるようになる。寒冷地では八重桜が咲いてからの方が安全。降雪、遅霜や氷点下の気温に遭わせない様に注意。
水やり:
土の表面が乾いたら与える。冬よりも間隔が短くなってくる。この期間の早い時期は2~3週間に1~2回。遅い時期は週に2回位。苗の状態、風当たりによっても変わる。
肥料:
1ヶ月おきに1回ずつ。春から合計3回与える。桜が咲いた頃が最初の施肥時期。5月までに今年最初の肥料を与えれば良い。醗酵鶏糞の場合、量は9cm鉢でティースプーン1杯。12cm鉢で2杯。18cm鉢で極軽く一握り。肥効が少なく感じられる時は、毎月1回同量与えれば良い。
病害虫:
ナメクジ、カタツムリ等。
作業:
植え替え(鉢増し)。その他雑草取り。
ポイント:
植え替えは寒冷地でも早い時期に終わらせる。苗は毎年植え替え、鉢を大きくした方が良く生育し早く開花する。降雪、遅霜に注意。生育期間中は特に肥料切れにさせない。葉の色を見て濃い緑なら問題ない。葉の色が薄い場合は上記間隔にとらわれることなく追加して与えて良い。

株の状態:生育旺盛期。一年で最も良く生育する時期。この時期に出来るだけ肥培管理に努める。開花予定株は早い時期に最初の花芽が伸び始めることがある。

置き場:
ハウス内。屋外の日向。出来るだけ日に当てる。基本的に雨に当てて良いが、異常な長雨の時は雨除けした方が良い場合がある。特に有機質肥料を使用の場合は要注意。
水やり:
土の表面が乾いてきたら鉢土全体が湿る様に与える。梅雨明け後は毎日、又は日に2回の時もある。苗の状態、風当たりによって変わる。
肥料:
1ヶ月おきに1回ずつ。春から合計3回与える。量は春の管理参照。
病害虫:
わらじ虫、蟻等。被害が顕著の場合は、生育期間中に2回程度専用の駆除剤を散布したい。
作業:
雑草取り。
ポイント:
水やりを適切に。土の表面が乾いてきたらすぐに与える事で、肥料成分が吸収され易くなり生育も良くなる。肥料切れにさせない。葉の色を見て濃い緑なら問題ない。葉の色が薄い場合は上記間隔にとらわれることなく追加して与えて良い。

株の状態:生育期。日が傾いて気温がやや下がっても株の生育は良い。

置き場:
ハウス内。屋外の日向。寒冷地では10月頃より様子を見て室内、ハウス内。降雪、霜や氷点下の気温に遭わせないように注意。秋の低温は同じ気温でも春の低温より害を受けやすいので要注意。小苗は梅雨と同様に極端に長い雨は避けた方が安全。
水やり:
土の表面が乾いたら与える。この期間早い時期は夏と同様。遅い時期は冬と同様。
肥料:
9月が最後の施肥時期。それ以降は与えない。量は一般の植物より多めに。春の管理参照。
病害虫:
蛾の幼虫、バッタ類に注意。
作業:
雑草取り。
ポイント:
気温の低下と共に水やり間隔が長くなる。最低気温が10℃を下回ってきたら、迷った時は与えない。

株の状態:極緩い生育期。株の生育は極ゆっくり。根もゆっくりではあるが伸びている。

置き場:
ハウス内、室内。暖地では屋外の日向。霜や氷点下の気温に遭わせない様に注意。必要以上に気温の高い場所へ置かなくても大丈夫。0℃を下回らなければ良い。なるべく日に当てたいが低温対策のために日照条件が悪くなっても仕方ない。
水やり:
表土が乾いたら与える。月に0回~1回、多くて2回程度。条件により異なる。まだ表土が湿っているのに与えてしまうと、苗を腐らせてしまうことがある。1回の量は鉢土全体が湿る様に与えて良い。
肥料:
与えない。
病害虫:
特に無し。
作業:
植え替え(鉢増し)もし、植え替えを予定している場合、この時期に終わらせておけば、春までに活着し、暖かくなれば順調に生育する。その他雑草取り。
ポイント:
寒さ対策。水やり過多に注意。受け皿に水を貯めない。

極楽鳥花植物園 Copyright(C)2017,Strelitzia Botanical Garden All Right Reserved.