▲TOPへ戻る

極楽鳥花植物園 Strelitzia Botanical Garden

オレンジプリンス優良花の紹介 このページではレギネー種オレンジプリンスの優良花、及び特別優良株を取り上げています。

(1)花首は紅色系で、仏炎苞は比較的明るい紫赤色系で細長い。薄く白い粉を吹く。優良花。

(2)花首は鮮やかな紅色系。仏炎苞は明るい紫赤色系。薄く白い粉を吹く。フラッシュが当たって蛍光色に見える。優良花。

(3)花首は紅色系。仏炎苞は全体的に濃い紫赤色系。白い粉を薄く吹く。花のサイズは中型。優良花。

(4)花首は紅色系。仏炎苞は全体的に紫赤色系。白い粉を薄く吹く。優良花で特別なことをしなくてもこの発色を見せる。

(5)花首は紅色系、仏炎苞は紫赤色で白い粉が少ないため、地の色がはっきりとしている。珍しい花色。。優良花。

(6)花首は赤色系。仏炎苞は全体的に濃い紫赤色。白い粉を薄く吹く。仏炎苞が細長く燈色花では珍しい。優良花。

(7)花首は紅色系。仏炎苞は紫赤色系で白い粉を薄く吹く。花のサイズは中型。上品な感じのする良花。

(8)花首は赤色系。仏炎苞は全体的に紫赤色系。白い粉を薄く吹くタイプ。優良花の一タイプ。

(9)花首は赤色系。仏炎苞は濃い紫赤色系。白い粉を薄く吹く。良花。

(10)花首は鮮紅色系。仏炎苞は全体的に紫赤色系。白い粉を薄く吹く。典型的な優良花。

ここではオレンジプリンスの花に焦点を絞って、比較的良い方の花を取り上げてあります。

解説:優良花と一言で言っても実際には色幅があります。多くは赤色と紫色を混ぜたような色合いになります。後はその色が濃いか薄いか、表面に白い粉を多く吹くか少ないか、花首が赤色か紅色か、でほぼ決まります。「形態」→レギネー分類でも取り上げています。

その他、花のサイズも大小ありますが、これは一般的に株の大きさに比例します。

※現状、全ての株が良花や優良花にはなりません。

(1)株の様子

(2)花の様子

ここではオレンジプリンスの特に優秀な株を取り上げています。それは単に花が良いだけではなくて、草姿、花立ち等も含めて三拍子揃っていることを意味します。以下、主な特徴を記す。

    主なデータ
  • 草丈:180cm位。直立性。
  • 葉:やや大きい披針形で肉厚。葉裏に白い粉を吹く。
  • 花:大輪。仏炎苞が太い。
  • 花色:仏炎苞は紫色がかった赤色。表面に白い粉を吹く。花首は鮮やかな紅色。
  • 花茎:太くしっかりとしているが、極端に長くはない。
  • 花立ち:良好。
  • 解説:この品種が登場する前は、ストレリチアと言えば在来種の橙色花でした。それは緑一色の仏炎苞、又は花首が少し赤色を呈したものです。

オレンジプリンスとは「赤い仏炎苞」を目的に交配が行われたものだが、この株はその目的通りに出来た個体と言える。

草姿、花形は、選抜在来系株、仏炎苞の色と花茎の長さはゴールドクレスト(黄花原種A)から受け継いでいる。花首の色は黄花原種Bと同じ様な紅色。この様な株は当初多くはなかったが、

仏炎苞の色以外は選抜在来系株の影響が大きいため、草丈が高く、葉も大きく威圧感がある。立派と言えば立派。ただ、一般的な橙色株と比べて、花茎が葉の上まで長く伸びない。どちらかと言えば太く丈夫な花茎。

これはハウス内で日中気温が上がって多少蒸し暑くなっても、花茎が軟弱に曲がらない、曲がりにくいことから切り花出荷の営利栽培でも良い性質ではある。また花茎が長くは無くても、草体が大きいので、十分な長さは取れる。

私の印象では橙色花の方が赤い仏炎苞が現れやすいような気がする。言い換えると、黄花の方が難しいと言うこと。

※この株は鈴木氏が最初に作り出したオレンジプリンス。特別優良株は優良系統苗:百株単位で育てれば選抜することが出来ます。

極楽鳥花植物園 Copyright(C)2017,Strelitzia Botanical Garden All Right Reserved.