▲TOPへ戻る

極楽鳥花植物園 Strelitzia Botanical Garden

園芸用品 このページではストレリチア栽培向け園芸用品とその他資材を取り上げています。

ストレリチア栽培向け園芸用品、その他

1,プラ船他

プラ船他

①プラ船:220、参考価格:10,400円、購入先:建材屋、ホームセンター等。

②プラ船:80、参考価格:4,200円、購入先:建材屋、ホームセンター等。

③アルミスコップ角先、参考価格:1,760円、購入先:園芸店、ホームセンター、金物店等。

これ位の大きさがあれば周りにこぼすこともなく安心して用土を作る事が出来る。また、この中で植え替えや株分けも行える。他に肥料の混合等。

③のスコップは混ぜる時に使用する。材質がアルミで小さいタイプであれば女性でも十分使いこなせる。

②の少し小さいものは、苗を植える時に①で作った用土を移して使用する。大きいものと小さいものがあれば何かと重宝する。

プラ船は樹脂製だが、普通のプラスチック製品とは異なり耐用年数は長い。写真の①はすでに10年以上使用している。

※サイズはいろいろある。先が角形で大きいものもある。

2,スコップ・・・鉄製

スコップ

スコップ、参考価格:2,300円、購入先:園芸店、ホームセンター、金物店等。

地植え栽培の必需品。小苗ではなく、大苗以上の比較的大きな株を植えたり、掘り上げたりするときに重宝する。スコップと言えば、柄が木製のものが一般的だが、ストレリチア栽培では鉄製のものの方が適する。

地植えのストレリチアを掘り上げる時、柄には非常に大きな力が掛かり、木製では短期間で折れてしまう。鉄製であればその様な心配は無いが、今度は土に突き刺さる部分に力が集中して、最後は割れてしまう。

気をつけたいのは、安売りのスコップはやはり銭失いになると言うこと。土に突き刺して、柄を手前に引いたとき、ペコペコ音が出始めたら、長くはない。写真のものでも安くはないが、それでも長持ちして1年くらいか・・・。

本当にストレリチア栽培に適したスコップは、特注しかなさそうです。

3,土入れ・・・プラスチック製

土入れ

プラスチック製土入れ、参考価格:230円、購入先:園芸店、ホームセンター等。金属製もあるが、壊れやすい。

ストレリチア栽培では当歳苗、1年苗でも9cm以上の鉢を使用するため、あまり小さなものは適さない。もし、選べるのであれば中サイズ以上があれば良い。

軽く、値段が安いこと、怪我をする心配がないことなど都合が良い。

4,ポリポット各サイズ

ポリポット

ポリポット各サイズ、左手前:5号(15cm)、右:9号(27cm)、参考価格:8号(24cm、写真左奥)で105円(単価)、購入先:園芸店、ホームセンター等。

ストレリチアは根の発達が著しいため、鉢が割れてしまうことも珍しいことではない。植え替えの度に鉢を買っていたのでは、経済的に厳しい。そこで1回限りでも経済的なポリポットがお勧め。8号で100円なら同サイズ懸崖プラ鉢の1/6程度。

もし、レギネー栽培であれば、9又は10.5、12、18、24(cm)が揃っていれば苗から開花するまで育てられる。ジャンセアや中間種であれば、更に15、21cmがあれば良い。

ニコライ等の有形種の場合小さいものより、比較的大きい27、30、33、36cmが欲しい。

大きなサイズはばら売りで購入できるが、小さなサイズは最小100ヶ単位になる。それでも日に当てないように保管していれば比較的長期間使用でき、都合が良い。

※数年前原油価格高騰で、値上がりしました。

5,加温器具・・・電熱線

電熱線

電熱線、100V、250W、参考価格:2,500円~2,800円、購入先:園芸店。電源、出力によって種類が幾つもある。ちなみにこれが最も小さな規格。シート状のものはもっと小さな規格があるが高値である。

実際に使用する際は、電熱線端部にプラグを接続しなければならない。その他温度管理のサーモスタットと、トンネル支柱、それを覆うフィルム、断熱(保温)シート、発泡スチロール板、ビニール、ビニールハウス等色々揃えなければならない。

6,刃物類・・・剪定鋏

剪定鋏

剪定鋏、サイズ:大、参考価格:4,200円、購入先:園芸店、ホームセンター、金物店等。

園芸用品の中で無くてはならないものの中に鋏がある。盆栽界で見られるように、用途によって多種類の鋏が使われる。

ストレリチア栽培では、剪定鋏が一つ欲しい。用途は花茎や細い葉を切ること。ストレリチアの花茎は太く堅いため、出来れば大型の剪定鋏が欲しい。値段は高いが、一度購入すれば一生ものだと考えれば安い買い物。

普通剪定鋏はグリップ(握り)の部分が赤や白の樹脂でコーティングされていますが、私は取り除いて使用している。理由は、ストレリチアの葉裏や葉柄等は白い粉が吹くが、これが手に付くと非常に滑りやすくなり、場合によっては切らなくて良い箇所まで切ってしまうことがあるため。

これで絶対滑らないということではないが、付いている時より滑りにくく、使い易くなる。とりあえず剪定鋏一つあれば、庭木の剪定まで行えて重宝する。

7,刃物類・・・鋸鋏

(1)鋸鋏

(2)刃先の様子

鋸鎌、参考価格:600円~800円、購入先:園芸店、ホームセンター、金物店等。

ストレリチア栽培で、あると便利な刃物に鋸鎌があります。用途は、葉や花茎を切り落としたり、株分けの時切り分ける等です。商品の選び方は、刃の肉厚が厚いものの方が長持ちして良い。また、ホームセンターで安売りのものは避けたい。刃が錆びて短期間でぼろぼろになってしまう。材質がステンレスのものもあるが切れ味では鉄製の方が良い。特に枯れた葉を切るときに差が出る。

例えば葉の整理では剪定鋏があれば良いように思われるが、大きく成長した株の葉を整理する時、鋏では葉を刃で挟んでからでないと切れないことに対し、鋸鎌では刃を当てて手前に引くことで一気に切り落とせることから、手っ取り早い。

また鋏では太い葉は二回に分けて切らなければならない場合であっても、鋸鎌なら一度で切り落とせる。

8,潅水関係・・・散水ノズル

散水ノズル

散水ノズル、参考価格:プラスチック製で数百円~、金属製で千数百円程度。写真は主要部品が金属製のもの。

耐圧ホース、参考価格:100円~200円/m

購入先:園芸店、ホームセンター、金物店等。

プラスチック製は金属製と比べて衝撃に弱い。金属製のものでもバネやレバーがすぐにだめになってしまうものもある。また、冬季水抜きを行わないと、凍結により破損する。

極楽鳥花植物園 Copyright(C)2017,Strelitzia Botanical Garden All Right Reserved.