極楽鳥花植物園 Strelitzia Botanical Garden

病害虫・蛾の幼虫 このページではストレリチアの蛾の幼虫被害を取り上げています。

蛾の幼虫による食害の様子  

(1)葉の被害

(2)ミノの様子

(3)成虫の様子

(4)幼虫の様子

(5)花の被害

(6)花首の被害

(7)萼の被害

ここではレギネー種開花株、及び花を取り上げています。

解説:(1)~(4)はミノガについて。(2010年~2011年撮影)(1)(2)葉に数多く見られる薄茶色から白っぽい小斑点が食害跡。

最初は食害が少ないため、また何らかの生理傷害と勘違いしやすいので見落とすことがある。この辺りの株は夏場気がついたときには、被害が広がっていた。

(2)この小さな円錐状で枯れ草の様なものがミノガ(蓑虫)の一種。葉の表裏関係なく食害する。

これは早めに手を打たなければ、被害が大きくなる。一箇所食害後、葉の表面を移動して同じように食害を起こす。それで、時間の経過と共に虫食い状態になってしまう。

これは今まで数十年間栽培してきて、初めて付いた害虫である。猛暑と関係があるのかもしれない。今のところ被害は限定的ではあるが、徐々に勢力を広げてくる。よって、薬剤散布による防除、駆除が欠かせない。

(3)は2011年9月末に撮影したもので、このミノガか何らかの成虫と思われる。この撮影の数日前に薬剤散布を行っているが、成虫に対して忌避効果は無かった様だ。

(4)は蓑の内部にいる害虫の様子。この小さな虫が堅いストレリチアの葉も食い破る。成虫が卵を産み付けて、孵化後ミノを背負ってしまうと、薬剤散布を行っても効果は限定的な気がしている。

(5)は花の被害の様子。仏炎苞と花首、その右側に伸びている花茎も所々食害跡が見られる。(6)は(5)の花首で、食害が深いところまで及んでいることが確認出来る。葉の食害は表面をなめるように行われるのとは対照的。

(7)は萼の食害跡。これは開花した後の食害ではなく、開花直前の仏炎苞から萼が顔を覗かせたときにやられたもの。それで萼中央に穴が空いている。

※家庭での趣味栽培では縁が無いかもしれません。

極楽鳥花植物園 Copyright(C)2017,Strelitzia Botanical Garden All Right Reserved.