極楽鳥花植物園 Strelitzia Botanical Garden

病害虫・アブラムシ このページではストレリチアのアブラムシ被害を取り上げています。

アブラムシの様子 花芽、花 

(1)橙色、萼

(2)橙色、萼

(3)黄色、萼

ここではレギネー種の花芽、花を取り上げています。

解説:(1)は伸長中の花芽先端部に付いたもの。細かい茶褐色の粒々がそれです。アブラムシが付いている箇所が仏炎苞になる。

(2)は、オレンジプリンスの花についたもの。萼や花弁の黒色や黄色っぽい点がアブラムシ。

(3)はゴールドクレストの花の付いたもの。茶褐色や緑色の粒々がアブラムシ。

以上は主に花に付いたものだが、数が多くなると新芽ににも見られるようになる。それでも幸いなことにスリップスほど大きな被害にはならない。またこれによってウイルス病になることも無い。

規模が大きい場合は、薬剤散布を行うが、少数であれば手で落とせば良い。

※家庭で趣味栽培では発生しにくい。ハウスで管理している場合に見られる。

極楽鳥花植物園 Copyright(C)2017,Strelitzia Botanical Garden All Right Reserved.