極楽鳥花植物園 Strelitzia Botanical Garden

病害虫・ナメクジ このページではストレリチアのナメクジ、カタツムリ被害を取り上げています。

(1)花弁の食害

(2)ナメクジ

(3)花弁の食害

(4)カタツムリ

(5)花弁の食害

ここではレギネー種の花を取り上げています。

解説:(1)ナメクジによる食害で花弁が白色になってしまった。

(2)ナメクジ類は夜間だけではなくて、曇りや雨の日にも出てきて食害する。

(3)被害の大きい花弁。縁が網目になってしまった。

(4)ナメクジ類の食害は苗の軟らかい葉だけではなく、このように花弁にも及ぶ。ただ、萼の被害はない。

(5)花弁の小範囲の食害の様子。

何れも発見次第捕殺する。被害が大きい場合は専用の駆除剤を散布する。

※やられる年とそうでない年がある。

(1)新しい葉

(2)下葉

ここではレギネー種開花株を取り上げています。

解説:(1)柔らかい葉が狙われやすい。葉が出て展開直後が要注意。

蛾の幼虫やバッタ類とは異なり葉の表面をヤスリを掛けたように食害する。大きな被害にはならない。

切り花栽培にとっては葉も商品の一部であるから、なるべく被害に遭わないようにしたいもの。

※葉の被害は多くない。この食害は未確認生物ページとして新設しました。病害虫ページ最下部参照。

極楽鳥花植物園 Copyright(C)2017,Strelitzia Botanical Garden All Right Reserved.