▲TOPへ戻る

極楽鳥花植物園 Strelitzia Botanical Garden

園長室 このページでは極楽鳥花植物園と園長関係の記事を記載してあります。

重要なお知らせ

  

2014年11月をもって旧サイト:「ストレリチア植物園」(ストレリチアの世界)は閉鎖致しました。その理由は私自身の体調不良によるものです。会員の方におかれましては約一年間、ご心配、ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

2016年1月11日現在、ホームページタイトルを「極楽鳥花植物園」に改め開設し、ストレリチア関連の主要部分につきましては、閲覧いただけるように致しました。

  

尚、旧サイトの「ストレリチア植物園売店」におきまして、会員登録していただいた個人情報につきましては、当時使用しておりましたシステムの不具合により機能しなくなり、データの移項も困難なため消去致しました。よって、個人情報の流出はありません。

  

これに懲りずに、今後会員機能を持ったページを開設した際には、お手数ですがご登録いただければ幸いです。

「極楽鳥花植物園」とはインターネット上の名称です。(ホームページタイトル)同名の植物園は存在しませんが、ストレリチアの育種は行っています。詳しくは同ページ下のハウスの紹介をご参照下さい。

極楽鳥花植物園の歴史:2003年3月末よりストレリチア専門サイトとして運営開始。以降、ホームページ名:「ストレリチア植物園」、ホームページタイトル:「ストレリチアの世界」としてストレリチアの紹介と、種苗の販売を行って参りましたが、名称が複数あると混乱するため、2015年11月より「極楽鳥花植物園」に統一致しました。

文字数を減らすため漢字表記にしましたが、「極楽鳥花植物園」=「ストレリチア植物園」です。

旧サイトとの変更点は、旧サイトはパソコン専門でしたが、新サイトではスマートフォンやタブレットでも不都合無くご覧いただける様に作ったつもりです。また、ダウンロードに時間が掛からない様に画像は初期設定では全て縮小してあります。

内容的には大きな変更はありませんが、既存ページの中で再編集したものもあります。また、どうでもよいページは削除、又は縮小しました。その他、メニュー数を減らすため、近い内容のページは統合しました。

現在まだ全ページをご覧いただけませんが、調整の終わったページは徐々にアップロードしています。今後またよろしくお願い申し上げます。

その他お知らせ

ストレリチア販売ページ「売店」は下記に移設しました。

ストレリチアショップ(http://shop.strelitzia.jp/)

現在は少数ですが、今後徐々に掲載します。

現在、販売可能な品種は、オレンジプリンス、ゴールドクレスト開花株の地掘り株、ジャンセア大型、及び小型系交配苗、優良系統交配苗、極細葉系中間種開花予定苗、細葉系中間種苗等です。

各種開花株の本格的な販売は次の開花期から予定しています。もし、特別ではない品種で地掘りでもよろしければ対応致します。

ショッピングシステムでは、商品の性質上、送料計算が正確に出来ない場合があります。よって、ご注文をいただいてから、もし、修正が必要なときは正しいお見積もりをお知らせ致します。

以上、よろしくお願い申し上げます。

 
    このサイトをご覧いただくに当たって
  • 当サイトは、Windows Internet Explorer9以降で適正に表示される様に作られています。それ以前、それ以外のブラウザでもご覧頂くことは出来ますが、制作者の意図するように表示されない可能性があります。特にJava Scriptを未対応のブラウザでは望ましい表示になりません。よって、なるべく新しいブラウザでご覧いただくことをお勧め致します。
  • メニューに記載の各項目をクリック後、最初に表示される内容は、メニューを兼ねています。よって、記事をご覧いただくには、表示文字列をクリックしていただきますと、下部にその内容が展開、又は別ページが展開する様に作ってあります。画像に付きましても小さな画像をクリックしていただきますと、同一画面上に大きな画像が表示されます。
  • 当サイトに掲載している栽培技術は、過去30年に渡るストレリチア栽培経験に、品種情報は2,000株を超える優良系統レギネー種の栽培経験、結果に基づいていて、趣味の栽培家だけでなく、営利栽培農家にとっても参考になるものと確信しています。
  • 写真及び栽培技術協力:鈴木勇太郎
  • 参考文献:極楽鳥花の世界 昭和57年2月20日 鈴木勇太郎著
  • 当サイトはリンクフリーです。どのページでもご自由にリンク設定していただいて構いません。ただし、画像のリンクはご遠慮願います。
  • 当サイトは、広告表示や隠しリンク、隠しページ等は一切ありませんので、安心してご覧いただけます。
  • 当サイトに掲載している全ての写真、データ、記事等の無断転載、無断使用を禁じます。

プライバシーポリシー

当サイトに寄せられたお問い合わせフォームメールに記載の個人情報の扱いについて、以下に記します。

お問い合わせフォームメールに記載の個人情報は、お問い合わせに対する回答、及び過去のご注文内容の確認等のために利用します。

当サイトではお問い合わせ時に記入された個人情報を書面、CD、ハードディスク等の記録媒体に保存しません。お問い合わせの回答後は消去しています。

よって、個人情報の第三者への提供、開示は行えません。

当サイトのポリシー

1、当サイトに掲載している「育て方」は、園長の過去数十年に渡る、数千株の優良系統ストレリチアの栽培経験を基に、園芸初心者でも絶対失敗しない様に考慮してその方法を提案したものです。

よって、栽培経験豊富な方のやり方と一致しない点も多少含まれます。しかし、それはその方独自のやり方を否定するものではありません。それまでの経験で良い方法で管理していただければ結構です。ご理解、ご了承下さい。

何れにしましても、結果につきましては、自己責任でお願いします。

2、当サイトに記載の用語:例えば、良花、優良花、優良株、特別優良株等の名称は、厳しい第三者の目ではなく、園長自身の厳しい目による判断で数多くの個体の中から選抜した花、又は株に対して付けた名称です。

よって、他サイトで同名称で取り上げている個体があったとしても、例え同品種名であっても中身は同一ではありません。ご理解、ご注意下さい。

3、当サイトでのストレリチアの位置づけは「鉢花」、「花物」と考えております。花が咲いてなんぼと言うことです。よって、花の咲かない個体は評価の対象とは考えておりません。当然、花の咲かない株を優良選抜株として販売することはありません。また、斑入りにつきましても力を入れていません。

4、栽培相談は会員の方(以前当方でお買い上げの方)のみ対応致します。その他の方はお買い求め先へお問い合わせ下さい。尚、商品説明、在庫状況のお問い合わせ等は回答致します。

尚、交配の組み合わせ、及び結果等につきましては企業秘密に該当する部分になりますので、お問い合わせいただいても回答はしない方針です。

(1)ハウス外観

(2)地植えオレプ

(3)地植えゴールド

(4)レギネー苗

(5)ジャンセア

(6)中間種

(1)ハウスは鉄骨構造で屋根はポリカーボネイト製、サイドはガラス引き戸。栽培面積は約200坪。東京ドーム、約1/20個分です。豪雪地帯ではありませんが、降雪回数が多い年は3月頃までご覧の状態が続きます。

(2)オレンジプリンスが誕生してから比較的間もない頃の苗から選抜したものが主です。よって、全体的に基本的性質は優れている。それで植えてから20年以上経過していますが、込み合った感じはしない。

(3)これもゴールドクレストが誕生してから間もない頃の選抜株。このグループは全体的に遅咲き系統で、2月中旬から開花が多くなり、3月に開花のピークを迎える。それで一時期大量の花が咲きます。

(4)2017年2月現在、最も新しいオレンジプリンス2年苗。

(5)撮影当時は果樹用大型鉢植えですが、現在は地植えにしてあります。実生30年以上の大株です。これらも選抜株です。これらは大きさ別に大中小あり、それぞれ交配し苗を販売しています。

(6)は黄花中間種の開花予定苗~開花株です。現在は交配して種子を取っています。

概要:ストレリチアは栽培開始時にはオレンジプリンス、ゴールドクレスト共に苗で1,000株以上、ジャンセアは開花株を数十株、中間種は開花株を十数株保有していました。そこから選抜と淘汰を始めました。

現在内部の栽培割合は地植えゾーンが30%、鉢植えゾーンが50%、フリーゾーンが20%位です。

※(1)は2013年2月中旬撮影。今年は降雪が多く屋根には前日の雪がまだ残っています。

園長の紹介 Q and Aによる園長の紹介。

園長の言葉  園長の、ストレリチア栽培を始めるまでの紹介。

ブログ:違いの分かるゴールドクレスト(http://blog.strelitzia.jp/)ストレリチアショップのブログです。販売情報、ストレリチア、他の管理情報、気が付いたこと等を掲載予定です。

ここではその時のストレリチアの様子を掲載しています。

ここでは花、花木、観葉植物等の管理を取り上げています。

※園長が自信を持って掲載する種類と、初めて栽培するものがあります。なるべくありのままに掲載する予定です。

極楽鳥花植物園 Copyright(C)2017,Strelitzia Botanical Garden All Right Reserved.