極楽鳥花植物園 Strelitzia Botanical Garden

病害虫・ネズミ このページではストレリチアのネズミの被害を取り上げています。

ネズミ被害の様子  

(1)萼、花弁の食害or

(2)萼、花弁の食害

(3)さく果の食害

(4)播種後の被害

(5)播き直し後

(6)食パンにまぶした殺鼠剤による駆除

ここではレギネー種の被害を取り上げています。

解説:(1)花弁の付け根から分泌する甘い蜜を求めネズミが上ってきて密だけでなく萼や花弁までかじってしまった。

(2)この食害は溝ネズミではなく小さなねずみである。体は小さいが被害は大きい。

(3)結実した種子もターゲットになるがまだ成熟していないさく果までかじってしまう。あまりおいしくなかったのか、この時は花弁ほど大きな被害はなかった。

(4)ストレリチアの種子はネズミに狙われやすいが、播種後も注意が欠かせない。写真は播種後4ヶ月になるが、その時点で未発芽でも、発芽能力のある種子はやられることがある。

写真は被害が軽い方だが、場合によっては苗に付いている種子までかじることがあり、そうなると植え直しても枯れてしまうことが多い。

(5)は苗を鉢上げ後、未発芽の種子を播き直しておいた鉢の被害の様子。写真中央と右のポットも被害に遭っている。土を掘り返して種子を食べられてしまった。一度味を覚えられてしまうと、同じ様な鉢は全て被害に遭う。

(6)これは食パンにサラダ油を染み込ませてから殺鼠剤を塗したもの。出没する場所に置いて、無くなったらまた置いて、以降食べなくなるまで続けると、とりあえず駆除出来る。口を使うネズミは比較的駆除しやすい。

※ネズミに味を覚えられない様にすることが重要です。

極楽鳥花植物園 Copyright(C)2017,Strelitzia Botanical Garden All Right Reserved.