極楽鳥花植物園 Strelitzia Botanical Garden

病害虫・根腐れ このページではストレリチアの根腐れを取り上げています。

根腐れの様子  

(1)小苗

(2)(1)の根

(3)大苗

(4)(3)の根

(5)(3)の根鉢

(6)地植え

(7)地植え

ここではレギネー種苗、開花株の根腐れを取り上げています。

解説:(1)は根腐れを起こした2年苗の様子。全体的に葉が巻き気味で、下葉が枯れている。緑色の葉が少ない。これが主な症状。

(2)は(1)の根の様子。根の量が少ない。そして、茶褐色に変色している根が見られる。これが原因。

(3)は開花間近まで育った大苗の様子。下葉枯れが目立つ。中央に近い葉は小さくのびのび育っている感じがしない。

(4)(5)は(3)の根の様子。苗の大きさの割に根が少ない。茶褐色に変色した根も見られる。根鉢中央に黒っぽく見えるのは細かい根が腐ったもの。

(6)は地下水位が高い場所の地植え開花株の様子。葉柄が垂れて見るに耐えないが、今掘り上げて植え替えれば助かる可能性が高い。

(7)も同上で他の地植え開花株の様子。茶色になった箇所は枯れている。他の部分は掘り上げれば助かる可能性が高い。

※鉢植えのものは植え替えなくても管理を見直すことで回復することが多い。

極楽鳥花植物園 Copyright(C)2017,Strelitzia Botanical Garden All Right Reserved.