極楽鳥花植物園 Strelitzia Botanical Garden

病害虫・花腐れ このページではストレリチアの花腐れを取り上げています。

花腐れの様子  

(1)花の様子

(2)(1)の草姿

(3)花全体の様子

(4)(3)の萼の様子

(5)ニコライ

(6)ニコライ(5)とは別の花

 

ここではレギネー、ジャンセア、ニコライの花腐れを取り上げています。

解説:(1)はゴールドクレストの開花直前の花ですが、これ以上咲くことはありません。今見えている萼の付け根、及び仏炎苞内部は黒く変色して腐敗が進んでいる。よって、今後は仏炎苞内部全体が腐るのみです。

(2)写真中央の株が(1)の株です。花は大変なことになっていますが、株は至って健全です。それがこの病害で唯一の救いです。今後は(1)の花はあきらめて次の花に期待と言うことです。

(3)(4)この花はジャンセアのもの。二段目の仏炎苞 は完全に冒されていて枯れた花弁が付いている。一段目の仏炎苞 は部分的に冒されている。よって、正常に咲いている花冠もある。

(1)~(4)の様になった原因は、仏炎苞 が出た時点で重心が高くなり、花茎が傾いたり、倒れた。それで花茎付け根に小さな傷が生じて、そこから細菌感染が起きて花を腐らせたと推測している。切り花でも同じ様な事が起こる。

これで株が枯れたり、他の花に感染することは無い。

(5)はニコライの花弁が部分的に腐ったもの。(6)は花弁全体が腐ったもの。何れも白い萼の手前の茶色い部分が腐った花弁。本来は水色。原因ははっきりしないが、何らかの理由で草勢が弱まりうまく開花出来ない状態が続いたため、仏炎苞内部で蒸れて腐ってしまったと考えている。

よって、これは細菌感染では無いと考えます。

※適切に管理されてる株ではほとんど発生しません。

極楽鳥花植物園 Copyright(C)2017,Strelitzia Botanical Garden All Right Reserved.