極楽鳥花植物園 Strelitzia Botanical Garden

病害虫・葉焼け他 このページではストレリチアの葉焼け、高温障害を取り上げています。

(1)極軽度

(2)軽度

(3)中度

(4)重度

(5)軽度

ここではレギネー種開花株を取り上げています。

解説:(1)はレギネーで葉焼けの初期症状。葉が白っぽくなったときに対処すれば被害を最小限で食い止めることが出来る。

(2)は一部が茶色がかってきている。この時点ではまだ範囲は小さい。

(3)は更に症状が進み変色箇所が完全に茶色、及び一部黒色斑点が見られる。範囲も広がっている。

(4)は葉焼け範囲が広く、完全に枯れた状態。

これらの原因は水切れと、異常高温によるもの。何れも変色は元には戻らない。

(5)は黄花レギネーさく果の日焼けです。種子が完熟すると、鞘全体が茶色になるがそれとは別。症状としては軽度から中程度。これは倒れた花茎の上に他株の葉によって影になっていたのが、季節が進んで日光が当たる様になったため発生した。

元々日当たりの良い場所で育てていても、場合によっては発生することがある。

※他の種類、苗でも発生します。発症箇所に例外は無い。

(1)軽度

(2)中度

(3)重度

ここではニコライ種を取り上げています。

解説:(1)の様に葉の縁が変色することは下葉で良く見られる。これ以上進むと(2)の様に葉身が褐色になる。

肥料の効いた状態で水切れを起こした場合、一時的に土中に溶け出した肥料の成分濃度が高くなり、肥当たり(肥料過多)を起こしたときと同じ症状と葉焼けの合併症を見せることがある。多くの場合、適切な水やり管理でそれ以上被害が広がることはない。

(3)は冬期間あまり日に当てられなかった株を、春になっていきなり外に出した時に広範囲に葉焼けしたもの。日の当たる側だけ葉焼けを起こす。この様な場合、徐々に直射日光に慣らしていかなければならない。

※急に直射日光に当てることをしなければ多発することは無い。元々日当たりに自生している植物ですから。

(1)仏炎苞中~重度

(2)花冠中程度

(3)花茎表皮中程度

(4)花茎表皮軽度

ここではレギネー種の高温障害を取り上げています。

解説:この傷害はハウス内で起きるものです。趣味栽培や露地栽培ではまず発生しません。

(1)は仏炎苞に現れたものです。仏炎苞上部に深い皺が入り、色が黄色っぽくなって水分が十分供給されていない感じがします。かろうじて花は咲き続けている。

(2)は花冠に現れたもの。まず雌しべが茶色変色していること。花冠に本来あるはずの左右の出っ張りが無くなっていること等。

重症になると雌しべが黒色に、花粉は茶色に変色する。場合によっては花冠全体が黒っぽく変色する。

(3)(4)花茎表皮が枯れこむ。

これは各節で起こる。

主に真夏のハウス内で発生する。根に何らかの傷害がある場合は、その他季節でも発生することがある。

対策はなるべく風通しを良くし、気温の上昇を抑える。鉢植えなら水不足にならない様に気を付ける。根腐れを起こさない様に適切な管理を行う。

※温帯では通常真夏の開花は無いので問題にならない。気温の低い時期に発生した場合は、株に何らかの問題が発生していないか検討しなければならない。

極楽鳥花植物園 Copyright(C)2017,Strelitzia Botanical Garden All Right Reserved.