▲TOPへ戻る

極楽鳥花植物園 Strelitzia Botanical Garden

テロペア このページでは園長による趣味のガーデニングを取り上げています。

テロペアの栽培 2012年7月1日~

鉢植え栽培

(1)種子の様子

(2)発芽

(3)小苗

このページではテロペアの播種から開花までを取り上げる予定です。

オーストラリアを代表する植物と言えばユーカリ、アカシア、ブラシの木等が有名かもしれません。しかし、花の美しいものは他に色々あります。その代表的なものがテロペアです。茎の頂部に赤く大きな花を付け非常に印象的です。以前、シドニーオリンピックでも使われたこの植物を種子から栽培する様子を紹介する。

解説:(1)はテロペア(TELOPEA speciosissima))の種子の種子です。テロペア方は茶色で平べったい形をしていて表面に皺が入る。

(2)鉢は9cmポリポットを使用した。用土は無肥培土(無肥料粘質土小粒)に完熟堆肥を数%混合したもの。数%とは1割より少ないです。用土に所々黒い粒が見えるのが堆肥です。

播き深さは種子が隠れる程度です。水を与えたときに現れない位。播種は4月19日頃です。

播種後1回鉢土全体が湿る程度水を与え、その後は土の表面が乾いた時点で同様に与えていた。

5月末になってテロペアの発芽が始まりました。茶色い種子の皮と薄い緑色の双葉が出てくるのですぐにそれだと分かります。その後双葉を展開し本葉を出し始める。

    基本条件
  • 置き場所:日当たりの良い場所が望ましい。
  • 気温:自然条件。上は播種時まだ気温が低かったためビニールハウス内に電熱線を使用して加温していた。
  • 鉢:大体何でも可。
  • 用土:水持ちと水はけの良いもの。
  • 水やり:年間を通して用土の表面が乾いたら、鉢土全体が湿る様に与える。
  • 肥料:
  • 病害虫:特に無し。

2012年8月1日 本葉増える。

苗の様子

解説:状態としては完璧ではありませんが、そこそこ育っています。両種共に今までの生育を見ていると、プロテアよりは楽そうです。

ここまで待って、これ以上の発芽は期待出来そうもありません。このことから発芽率は非常に低くて、1/5~1/6程度です。

これでは開花まで行ったとしても、とてもじゃないけれどやってられない、そんな植物です。

現在の管理は土の表面が乾いた時点で水を与えています。肥料は与えていません。その他、なるべく日に当てる様にしています。

2012年9月1日 本葉増える。

苗の様子

解説:両種、明暗が分かれてきました。どうもテロペアの方はこれで終わります。一方、バンクシアの方は何とかなりそうな勢いです。この結果は対照的です。

テロペアは播いた種子が少なかったこともあり、1本しか発芽させることが出来なかったので、今後また挑戦します。

2014年5月3日 苗から育てる。

苗の様子

解説:写真は市販苗を育て始めて2年目です。無事と言うより何とか越冬しました。だいぶ葉が枯れ込んで、寒さの影響を受けたのか、水切れか、土が合わなかったかの何れかと予想されます。

購入後、植え替えてからほとんど育っていなくて、現状維持状態が続いていました。もし、今年大きな飛躍が無ければ、用土を見直さなければなりません。

2014年7月1日 生育期に入って。

苗の様子

解説:今まで付いていた葉はほとんど落ちて、だめかもしれないと思っていたら新芽が伸び始めました。そのタイミングで購入後初めて肥料を少量与えてみました。

相変わらず何が良くて、何がだめなのかつかめていないのが現状です。

現在の管理は、屋外日向に置いていて、土の表面が乾いたら水を与えています。

結局、現状維持状態から抜け出せず、その後だめになりました。

実生からの方が扱い易いので、また挑戦します。

極楽鳥花植物園 Copyright(C)2017,Strelitzia Botanical Garden All Right Reserved.