▲TOPへ戻る

極楽鳥花植物園 Strelitzia Botanical Garden

ミケリア・マウダイエの栽培 このページでは園長による趣味のガーデニングを取り上げています。

ミケリア・マウダウエの栽培 2004年 3月21日

鉢植え栽培

(1)樹姿

(2)花の様子

(3)花の様子

このページでは鉢植えミケリア・マウダイエについて取り上げています。

解説:毎年春になると咲く花の中で印象的なものに白木蓮があります。純白で大きな花は非常に存在感があり枝いっぱいに付けた花は他を圧倒します。その地域に必ず大木になった白木蓮を見かけシンボルツリーになっています。

ただ残念なことは(当地方では)白木蓮が咲いてから必ず一回は強い冷え込みがきて、花びらが茶色になってしまうことです。しかももう少しで満開という時に限って霜が降りてがっかりするものです。

(1)鉢植えで開花中のミケリア・マウダイエ。枝の上部から下部まで花を付けている。

花の様子。比較的花弁は幅広い。花の香りも良い。欲を言えば、もう少し花弁の数が多ければ・・・。

そのようなことを繰り返している内に、あまり大きな木にならずに白木蓮と同じような花が楽しめるものは無いかと考えていました。コブシやシデコブシでは花弁が狭いので豪華さに欠けて、タイサンボクや朴の木では花は良いが木が大きすぎる・・・。と思っていた時にこのミケリア・マウダイエを見つけました。

ご覧の通り、木は小さいのですが白木蓮を小型にしたような花、鉢植えでも育てられて、香りまであってまさに思い描いていた様な植物です。

かつて朝日新聞社から出版された「植物の世界」の№142の12-290ページに「アルカエアントゥス」のことが紹介されていますが、その復元模型の写真を見てこのような花があったら欲しいと思っていたので思わず飛びついてしまいました。

実際のところ結構丈夫でお勧めです。

    基本条件
  • 気温:大手種苗会社のカタログに載ってから注意深く見てきましたがどうも各社共管理がつかめていないような印象です。当初、最低気温は5℃~7℃と表記されていましたが、後に0℃、次に関東地方以南で露地越冬に、その後、耐寒性強になり訳が分かりません。実はこの冬我が家のハウスの暖房機がトラブルで止まってしまった時、マイナス5℃~同8℃位に下がりだめかなと思っていたら、春になってご覧の通り開花致しました。露地植にすればもっと寒い地域でも越冬するかもしれません。夏場は自然条件で問題ありませんでした。
  • 置き場:もう我が家に来て数年経ちますが毎年開花しています。カタログには「日当たりに置く」とありますが、我が家は日照条件が良くありません。夏場で最長5~6時間しか当たりません。しかし、幸いにして木があまり大きくならず花が咲いて都合が良いのです。ただ今より少し余分に日を当てた方が良さそうです。本当はもう少し花が付き、木も大きくなると思います。
  • 水やり:これはマニュアル通りで、表土が乾いたら鉢底から少し流れ出る位与えています。あまり乾かすと葉が落ちます。更に乾くと枝が枯れ込みます。もっと行けば全部枯れるのでしょう。しかし、結構丈夫です。
  • 肥料:春先、花が終わった後、有機のものを少し、その後数回与えただけです。
  • 土:今植わっている土はたぶん赤玉の小粒です。水はけと水持ちが良ければ何でも使えそうです。
  • 鉢:鉢は現在8号の駄温鉢です。ちょっと乾きやすいのでそろそろ植え替えなければ行けないかもしれません。
  • その他:樹形は自然に写真の様になりました。間引き剪定程度で良さそうです。

2010年1月1日・・・現在の様子

樹姿

解説:最初に掲載してから6年くらい経過したので、近況を掲載します。

    主なデータ
  • 樹高:130㎝・・・枝数が増えて雑木盆栽の様になった。観葉植物としてみてもベンジャミンゴムの木と遜色無い。
  • 鉢:30cmポリポット・・・購入後一回植え替えて、後はこの鉢で栽培しています。
  • 用土:鹿沼土主体・・・これで問題ありません。何か有機質のものを入れた方が樹勢が強くなる。
  • 剪定:行っていません。強い枝が伸びてきたらそれは切った方が全体のバランスが整うと見ている。

今年はわざと寒さに遭わせてみました。-4℃位です。その後室内に取り込みました。それでも特に変わった様子はなく当初言われていたより間違いなく耐寒性は強い。

本当はもっと低温に遭わせたかったのですが、この木は値段が高かったので、断念しました。今年何らかの方法で増やしてそれで実験を行いたいと思います。

その他、生育期間中の置き場所は出来るだけ日当たりの良い場所が良い。多少日照条件が悪くても木が枯れることは無いが、花付きが悪くなる。

極楽鳥花植物園 Copyright(C)2017,Strelitzia Botanical Garden All Right Reserved.